ビジネスマン達

ブランドを借りる

煩わしい導入手続きがあるクレジットカード決済は、こちらの業者に代行してもらいましょう!最短で即日導入することが出来ますよ!

業界初のハイブリットPCであるPOSレジがあります。オンラインとオフラインの融合された機器なのでおすすめです。

会社に勤め、サラリーマンとして一生仕事に従事するのもかっこいいことです。「社畜」なんて自虐の言葉も生まれていますが、会社を通して社会に影響を与えられるというのは、仕事をしているみんながやっていることとはいえ、誇りに思っていいことでしょう。
しかし、脱サラして独立し、新たに自分なりの仕事の道を探していくという選択肢もあります。
パティシエやエステティシャンなどの専門的な分野に興味がある人は、いずれは自分の店を持ちたいという夢があることでしょう。あるいは、漠然と何かしら独立してやってみたいと考えているという人も多いかもしれません。
独立するためには、経営のことを考えなければならず、それは並大抵のことではありません。
独立したいということなら、その中でも比較的簡単に始められるのは、フランチャイズを利用した独立です。
フランチャイズとは、コンビニなどが採用している経営形態として有名で、自分で店を持ってみたいという人にとって比較的参入しやすい経営形態でもあります。
フランチャイズチェーンの特徴は、そのブランドを持っている会社・フランチャイザーとそのブランドの名前を借りる事業者・フランチャイジーがあり、フランチャイジーがフランチャイザーと同じ名前を名乗っている点です。同名のコンビニ店舗が全国に非常にたくさんありますが、それらすべてをブランド会社が直接経営しているわけではありません。地元の各事業者にブランド名を貸し、事業者が経営しているのです。
こういった性質から、フランチャイズチェーンに参入するとすでにある程度のノウハウが確立されているため、店を成功させやすく、いずれ自分主体のお店を持つ際にもいろいろ勉強することができるのです。

具体的な仕組み

フランチャイズチェーンを利用して独立するのは、他の経営形態に比べて容易です。しかしそのためには、フランチャイズチェーンがどのように成り立っているのかを知る必要があります。

メリット

フランチャイズチェーンに参入するのは、比較的簡単にお店が持てるという以外にも、様々なメリットがあります。経営の技術を盗みやすい、資金を貯めやすい、といった点で、完全な独立に向けた準備ができます。

具体例

コンビニエンスストアが最も有名な例ですが、フランチャイズチェーンを利用して展開しているブランドは他にもたくさんあります。居酒屋やクリーニング店などが該当し、その後の独立も可能です。

その他のチェーン

独立する早道はフランチャイズチェーンですが、他にもレギュラーチェーンなど、別のチェーン形態も存在します。これらを知っておくことで、将来の選択肢を多く増やすことができます。

店舗探し

フランチャイズチェーンを利用し、いずれ完全に独立するためには、店舗探しも重要です。基本的には賃貸で利用しますが、立地以外にも店舗の内装や形態なども重要な判断材料となります。

様々な種類

独立のためには、フランチャイズチェーンを利用する以外にも、様々な選択肢があります。個人事業主か法人でも違いますし、独立したあとにボランタリーチェーンを組むという道もあります。