様々な種類

一般的に、経営とは、法人等事業主体の管理者が行うものです。そして、その内容は、まず、その事業主体が目指す、ビジネスモデルを定めます。
つまり、どのようなやり方で、収益を上げるかのシステムを作るのです。この過程で、その事業主体が事業を行う、地域的範囲、業種的範囲を定めます。
そして、そのビジネスモデルを達成するために必要な、「資金」「労働力」「原材料」を集め、さらに「設備投資」を行って施設を建設し、「営業活動」を行って、事業主体が製造した商品の販売先を探します。そういった準備作業の後、事業主体の開業を迎え、ビジネスモデルの元、生産活動は反復、拡大していきます。
さらに、事業を継続するために以下の業務も行います。事業活動を円滑にするため、「人事」により社員の適材適所に配慮します。
「福利厚生」により社員の生活に潤いと耐久性を与えます。「教育訓練」で労働生産性を向上させます。
「技術開発」で生産性向上や新製品開発を行います。

経理業務は、経営主体の管理者が行う業務という意味では、経営とおなじですが、これは、経営の一分野と捉えるべきものです。
おもに経理業務では、事業主体の金銭の流動とストックを明らかにして、年間の帳簿を創り、決算報告として、経営のトップに資料を提出します。
そのためには、支出として、労働者賃金、原材料費、設備投資費、研究開発費、光熱費、税と言ったものを集計します。
また、収入として、「営業」の成果である、受注金額、入金金額を抑えます。
そして、支出と収入のバランスを取って、事業主体の円滑な運営に資するのが、一般的な経理業務のありかたです。
リーダーシップとは、事業の指導的役割にある人が、事業主体の他の人を、先導、激励して、事業活動に邁進させる力です。
これは、経営を指導していく人にあることが望まれる能力です。
カリスマ的に超人的な能力があるタイプのほか、組織の目標を新設してそれに他の人を向かわせる能力にたけているタイプ、学歴、人脈によるタイプ等があります。